病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

まさか、耕作までもがね…

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

コロナが流行し始めて、だいぶんと時間が過ぎて、感染者も多数報告されるようになっ

た。流行地では非常事態宣言もなされ、もう誰が感染してもおかしくない状況である。

優子「とうとう島耕作までね」

内田「ああ、コロナに感染しましたね」

柳原「もう誰が感染してもおかしくないとは言ってもなー」

優子「あんな遊び人が感染しないわけないわよ。浮気してうつったのよ」

柳原「でもまさか島耕作まで感染すると思わなかったよな。俺は島耕作はちゃんと感染

 対策してたと思うぞ」

内田「なんか、島耕作がコロナに感染したということがヤフーニュースになるのが、す

 ごいですよね」

優子「ほんとよね、なんか他にまともなニュースないのかしらね」

柳原「それだけ衝撃なんだよ、島耕作がコロナに感染するということは。連載どうなる

 んだろうな」

内田「これ、コロナに便乗とか言って叩かれたりはしないんですね」

柳原「当たり前だ、島耕作なんて今や相談役なんだぞ。そう簡単にみんな叩けないだ

 ろ」

優子「今の世の中ちょっとしたことでも、炎上したり叩かれたりするのにね、コロナを

 ネタにしてもまったく叩かれないのは耕作くらいよね。私も抱かれたいわ」

柳原「モーニングなんてオペ室に絶対あるような雑誌だろ。俺、後で読んでこよう」

優子「今後、漫画の世界でも映画の世界でもコロナ感染と言うのは当たり前のようにな

 っていくのかしらね」

内田「子供のキャラクターは感染しにくいですね。何かといろいろ問題がありますよ

 ね。ドラえもんとかアンパンマンとか感染したら成立しないですもんね」

優子「子供のキャラクターはワクチン接種くらいはするんじゃない?啓蒙にもなるし」

柳原「次、ゴルゴとかいってほしいな」

内田「ちょっと療養する様子が見たいですね」

柳原「ああ、なんか島耕作にしてもゴルゴにしても『ああ、この人たちも感染するんだ

 ぁー…』みたいなな」

優子「人間らしい一面が見えるところを描く感じね」

柳原「でも島耕作だったら入院した先で女医さんとできちゃいそうだよな」

内田「また新しい展開が開けますね」

 

結核が文学の世界に多く取り上げられたように、コロナもそんな存在とこれからなって

いくのでしょうか…

 

このブログの現在の順位は…⇒     にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ