病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

鼻派、口派

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

検診での胃の検査はバリウム内視鏡がある。

 バリウムが気持ち悪くて飲めない柳原は内視鏡を選択したのであった。

柳原「バリウムが気持ち悪いというこの俺にバロス水を飲めというのか」

内視鏡室看護師「飲まないと胃の中泡だらけですよ。」

内田「先生、頑張って。バロスはまずいポカリだと思ったらいいですよ」

柳原「まずいポカリだとおもうとますます飲みたくねえよ」

内田「先生、経鼻内視鏡にしたんですね」

優子「根性なしめ。経口の方がよく見えるくらい内視鏡医ならわかるでしょうが」

柳原「うるせえ、真の内視鏡医たるもの経鼻で十分早期病変も見つけられるんだよ」

優子「経口スコープが苦しいから細い経鼻スコープにしてるくせに」

内田「先生、僕も自分がやるなら鼻派です。患者さんには経口すすめてます」

優子「『すすめてます』って。他人には苦痛を強いるどS根性をさわやかに宣言するん

 じゃないよ」

内田「じゃあ、優子先生は何派ですか?」

優子「私はピロリ陰性だからGFは極力やりたくない派」

柳原「ずるいな。自分ならどっちにするんだよ」

優子「しいていうなら経鼻」

柳原「ほらな、内視鏡医は自分がやるなら結構な率で鼻派なんだよ」

優子「若手ほど早期胃癌見つけたい一心で経口スコープを勧めるよね」

柳原「でも苦しいから自分はやんないんだよな。『病気がみつかりやすいのは経口スコ

 ープです』とかいうけど、自分はやんないよな。そういうところあるよ、内視鏡医っ

 て。」

優子「ところで何で私呼ばれたの」

柳原「内田だけじゃ頼りないからお前も俺のGF見てくれ」

優子「えー、そんな用事。そんなことで呼ばないでよ。じゃあ、後でみるから、私行く

 わ」

柳原「お前、後で見て何かあったらもう一回GFやらないといけないだろ」

優子「やんなよ。二回目は経口スコープでやれ」

柳原「いや、苦しいことは一回で」

優子「そんなことで私を呼んで。あんた、私のこと『呼んだらすぐ来る便利な女』だと

 思ってんじゃないのか、ゴルァ」

内田「そんなことないですよ、先生」

優子「男って言うのは、ほんとにいつもいつもー」

 

昔の傷を思い出した優子であった。

 

 このブログの現在の順位は…⇒     にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ