病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

まばたきしてください

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

聴覚検査と眼底検査のために、別室に案内された柳原であった。

 まずは聴覚検査である。

西「片耳ずつやりますんで、音が聞こえてきたらこのボタンを押してください」

柳原「はい…、なあ、これピーとかプーとかしか聞こえないぞ」

西「だからそれが聞こえたらボタン押すんですよ」

柳原「なんか、もうちょっと聞こえやすくしゃべってくんないかな」

西「検査になりませんから、それ。まったく毎年受けてる検査なのに今更何言ってるん

 ですか」

柳原「はいはい、やりますよ、やればいいんでしょ。つまんねー検査だな。せめてアメ

 リカ横断ウルトラクイズみたいな、ボタンに反応する帽子かぶせてくれよ。あれかぶ

 れががぜんやる気でるのに」

西「はい、次、眼底検査します。こちらにすわってください。はい、そして、顎をここ

 に乗せて、右目からこちらを見つめてください」

柳原「この画像もっと水着ギャルとかにならないのか。頑張って目をこらしてみて野郎

 みたいな気になるやつ」

西「じゃあ、この風景を袋とじだと思って見てください」

柳原「…」

西「いいですね、今日の検査で一番集中できてますよ、先生。状況設定だけでこんなに

 できるならやればできる子ですよ」

柳原「そうか、俺、やればできるのかな」

西「では眼底写真撮りますから、壇蜜がまさにブラジャーを外す瞬間だと思って、こち

 らを見てください」

柳原「…」

西「先生、数回ちょっと瞬きしてください。あまりに凝視しすぎてますから。瞬きして

 からちょっと目を開けててください」

柳原「瞬きすると大切な瞬間を見逃す可能性がある」

西「…もうちょっと軽い気持ちで見てほしいんですけど、じゃあ優子先生はどうです

 か?」

柳原「全然目が開かなくなったわ、俺の目が休みを欲してる」

西「ほんと、こんなに手のかかる検診受診者いないですよ」

 

まだ続く

 

 このブログの現在の順位は…⇒     にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ