病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

ポケットにいろいろ入ってるんでその分減らしてください

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

次はまた検診センターに戻った柳原であった。

 医者の人間ドックは業務中にやることが多いので、仕事にすぐ戻れるように優先して空

いてるところへどんどん回してくれる。次は身長、体重などなど測定する検診センター

に戻ってきた柳原であった。

柳原「内科の柳原ですけど、検診お願いします」

検診センターの奥から保健師西博人が出てきた。

西「おはようございます、先生、僕が測定させていただきます」

柳原「チェンジ、もっとかわいい保健師さんでお願いします」

西「先生のそういう態度が原因で僕が対応することになっているのことにうっすらでい

 いから気が付いてください」

柳原「俺はな、腹囲測るときに保健師さんが俺と密着することだけを楽しみにこの一年

 を過ごしてきたんだ。それが西君と密着せなあかんとは…」

西「他に楽しみないんですか、そして下手糞な大阪弁

柳原「まあ、しょうがない、やれよ、ああ、やっておくれよ」

西「まず、身長からお願いします」

柳原「チン長は?チン長は次か?」

西「…いいから早くこの台に乗れよ」

柳原「すいません、乗ります」

西「179㎝ですね」

柳原「西君、そこはおまけしてくれよ、俺180㎝のイケメンとして名が通ってるのに、

 実は180㎝ないとなると困るよ」

西「次、体重計乗ってください」

柳原「はいはい」

西「71㎏ですね」

柳原「俺、今日ポケットにいろいろ入ってるんだよね。その分3㎏引いてくれよ」

西「三キロも引けませんよ。ポケットに何入っているんですか」

柳原「俺のポケットには高級聴診器とか、高級万年筆とか、高級ペンライトとか、高級

 ガラケーとか」

西「高級とかいらないです」

柳原「わりいわりい、どうも医者だから持ってるもんすべて高級品なんだ、高級ティッ

 シュの鼻セレブとか」

西「ボールペンとかどうみても薬屋さんのですよね。ペンライトも病棟のですよね、返

 しなさいよ」

柳原「お看取りするといつも返し忘れるんだ。医局の机にも結構溜まっている」

西「それだけでは3㎏にはならないので、通常風袋として1㎏減らしてますからそれで書

 いときますよ」

柳原「俺のポケットには様々な患者さんからの思いとか、ギャルとの思い出とかいっぱ

 いつまってるんだ。そして夢とか愛とかでっかい希望とか、ワンナイトのかわいこち

 ゃんの生霊とか全部込々で3㎏で」

西「往生際悪いですね。次、聴力と眼底検査ですよ」

つづいて検診センターの別の部屋に通される柳原であった。

 

 このブログの現在の順位は…⇒     にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ