病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

よくわかんない横文字

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

昨日のインフルエンサーの話題にかんして、最近なんでもかんでも横文字で付いていけ

ないことがある。医療の世界でも同様である。

柳原「インフルエンサーってちょっと実態がよくわかんない職業だよな」

優子「たぶん中身が幅が広すぎて、何やっててもインフルエンサーって自称できる肩書

 だよね」

内田「叶姉妹の肩書のトータルライフアドバイザーくらい実態がつかめないですね」

優子「それに社会派ってつけるもんだから、余計わけわかんなくなるのよ」

柳原「俺も社会派消化器内科医と名乗るかな」

優子「その肩書だとちょっと小難しい印象の医者と思われるから、そうだね…人情派消

 化器内科医とか」

内田「下町消化器内科医とかどうですか」

柳原「それなら俺、消化器内科医純情派がいいよ」

優子「だから純情派ははぐれ刑事だけが許される派閥なのよ」

内田「病院内にもちょっと聞いてもよくわかんない横文字の職種が結構いますよね」

優子「ドクターとかね」

内田「それはみんなわかりますよ」

柳原「ナースとかね」

内田「僕の話聞いてました?」

優子「あれでしょ、MSWとかKTとかICTとかPTとかOTとかHOTとか」

内田「急にエンジンかかりましたね」

柳原「あとPPAPとか」

内田「ピコ太郎は違います」

優子「あとDAIGOとか」

内田「北川景子の旦那でもないです」

柳原「あとESDとか」

内田「それは消化器内科医ならよくわかんない横文字って言ったらだめです」

優子「よくわかんなくてもだいたいわかったような顔して話聞いていたらいいのよ」

柳原「そうだ、それが俺たち猫派かイヌ派かって言ったらどっちかっていうとイヌ派の

 消化器内科医の仕事のスタンスだ」

内田「それは肩書が長すぎて文章になっちゃってますよ」

優子「最近猫の方が人気高いよね、私はやっぱり猫派の消化器内科女医」

内田「長いです。それなら消化器内科医の英語はGastroEnterologistなんで、GE使えばい

 いじゃないですか」

優子「GEったら、我々浣腸の意味で日々使うじゃないの。消化器内科医の英語を短縮す

 るとGEっていうのはぴったりくるわね」

柳原「社会派GE」

優子「人情派GE」

なんか気に入る三人であった。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ