病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

小さな不運の連続

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

小さな不運が重なる。誰しもそんなことを思う日があるはず。今日はそんな

お話。

 柳原「俺は最近、運気が下がってる。毎日ほんとに些細なことだが、小さな不運が俺に

 訪れて、それがボディブローのようにじわじわ効いてくる感じだ。」

優子「ちょっと待って、じゃあ私がオーラ見るわ」

内田「いつからスピリチュアルに傾倒してるんですか。」

優子「コロナ以後よ。私も通販で頼んだ皿が割れてたりしてね、ちょっと人間の不幸の

 原因と言うのはそもそもどこから来るのか、運命、未来、そういうことについてね、

 考えるようになったの」

内田「コロナは優子先生の精神まで蝕んでしまったのか…。先生、しっかり正気に戻っ

 てください。」

優子「私は正気よ。あんたのオーラも見てあげるわ。…内田の不幸はあんたの先祖に起

 因するものね…」

内田「…そんなこと言いだしたら、もう高い印鑑とか売りつけられますよ」

優子「あんたがそんなに胴長短足で不細工にうまれたのは、あんたのお母さんとお父さ

 んが不細工でずんぐりむっくりしているからよ。それがそもそもの不幸の根源よ」

内田「…スピリチュアルを装って僕にとどまらず、僕の両親までディスってくるのやめ

 てください。しかし安心しました、正気ですね。ところで柳原先生の小さな不運って

 何ですか?」

柳原「俺は今朝、納豆食べようとしたんだけどな、カップの納豆。カップの納豆ってビ

 ニールみたいの上について密封されてるだろ。あれを何気なくめくったわけ」

内田「はいはい」

柳原「そしたら、中のたれの袋がカラなんだよ」

内田「?」

柳原「なんか製造ミスで納豆のたれの袋が変なところでカットされてて、もう全部中で

 こぼれちゃってんだよ。上は密封されてんのに」

内田「そんなことってあるんですか」

柳原「そういうことに直面した人間と言うのは、こないだの優子のアマゾンで頼んだ皿

 割れてたのと同じで、やっぱり『なんだこれ、こんなはずはない』っていう心の葛藤

 があるんだよな、でも何度見てもたれの袋はスパーンって変なところでまっすぐカッ

 トされちゃってて。結局密封されてるけど、たれは中でいつからこぼれてるのかわか

 んないから、大丈夫とは思ったけど食べなかったんだよ」

優子「納豆っておいしいよね。私もちなみにカップのがサイズ的に好き」

柳原「俺はな大腸カメラやる人間は腸が健康でなくてはならないという持論を持ってる

 から、腸活してるわけ、自分なりに。発酵のスペシャリスト小泉先生が朝、晩納豆と

 ヨーグルト食べて最高の腸の常在細菌叢を維持してるって聞いてまねしてるんだ」

内田「先生も意外と食生活に気を遣ってるんですね。」

柳原「俺の納豆…」

内田「売店にも売ってますよ」

柳原「俺のは何とか賞で金賞をとったとかいう高級納豆だ」

優子「いくらすんの?」

柳原「三個入りで150円くらいだ」

優子「それで高級とか名乗って言い訳?」

内田「でもその納豆、普通の納豆の二倍くらいはするんじゃないですか?」

優子「でも納豆で高級とか名乗っていいのって、きっと藁とかに包まれた奴だよ。そも

 そも腸内細菌叢を整えたいなら、消化器内科医なら整腸剤でも飲んでなよ」

柳原「お前、納豆菌と乳酸菌じゃ全然違うんだよ」

優子「どう違うかわかんないくせに」

柳原「…それぞれ違う機序で腹にいいんだよっ。おい、内田、お前調べろ」

内田「…はい」

 

今日の話は今朝の作者の実話でこんなことあるんだねって話でした。ついてないけど、

ブログのネタにできたからよしとします。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ