病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

仕事始め

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

今日から日常業務が始まる病院も多いと思う。すっかり正月ボケした頭と体にも容赦な

く仕事が押し寄せてくるのである。

優子「正月溜まっていた人たちが今日は押し寄せてるね」

柳原「アニサキスのあとどうなんだよ?」

優子「まだ、痛い。先っぽ刺さってるんじゃないか、私もう働けない」

柳原「頭からちゃんと取ってるし、先っぽ刺さってても、そろそろ死んでるぞ。働け

 よ」

優子「でもほんとに胃が痛いんだから。あんたまじめにアニサキス取った?適当に引っ

 張ってちぎれたんじゃないの?」

柳原「お前に刺さってたアニサキスは、かなり執念深くお前に胃壁にかみついて、結構

 な力で引っ張って体がみよーんて伸びても、なかなか胃壁を離さなかったぞ。敵なが

 らいい根性してるよな。人間は口でどっかかみついても、引っ張られたらああも粘っ

 て離さないなんてことはできないぞ。まるでお前のようだぞ。お前、宿主としてふさ

 わしいとアニサキスに認められたのかもしれない」

優子「そんなたちの悪いアニサキスが食いついてたのね。道理でまだ痛いわけだわ」

柳原「だからちゃんと取ったから、もう痛いわけないから」

優子「しかしこの忙しいのに内田はアッペで不在だし」

柳原「ちらすからしばらく抗生剤点滴だな」

優子「戦力外通告だな」

柳原「あの年末の番組ほどの深刻さはねえよ。あいつは家族もいねえし、生活もかかっ

 てないから」

優子「アッペだけど容体は大丈夫なの?」

柳原「ピンピンしてるぞ」

優子「いきてーる、いきている」

柳原「お前、それ言いたかっただけかよ。アッペぐらいじゃ、さんさーらほどの生きて

 く厳しさもないだろ」

内田の復帰を待ち望む二人であった。

 

仕事始まったけど、頑張ります。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ