病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

年に一回露出したい

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

忘年会が中止になった。これはもうみんなが予想していたことなので、ぜんぜん驚かな

い。時節柄、病院が大々的にそんなことをやってしまったら、炎上どころか文春砲レベ

ルかもしれない。今日は病院の忘年会のお話である。

 柳原「今年は忘年会もなくて、芸の練習もなくてなんだかさびしいな」

優子「あんたなんか、毎年芸の練習さぼりがちじゃない」

柳原「一病棟ならいいけど、この病院も長くなると、なんか部門ごとに練習に引っ張り

 出されて正直面倒なんだよ」

優子「しかし、年末は病院の駐車場に変質者が頻発すると思うよ」

柳原「なんでだよ」

優子「年に一回露出したい人が、それを禁じられたがために、そのうっぷんを晴らそう

 として」

柳原「ああ、特に外科系な。やつらすぐ脱ぎたがるから」

内田「昨年は先生も一緒にステージにあげられてたじゃないですか」

柳原「消化器内科は消化器外科の道連れにされやすいんだよ」

優子「しかし外科医ったら脱ぎたがるもんね」

柳原「外科系は常に脱ぎたいんじゃないか、整形とか、心臓血管外科も」

優子「患者の前ではかっこつけてるけど、あほよね、あほ。真実の姿は見せられない

 よ。ほんと。忘年会ではだいたいパンツ一丁になるのが外科医だから。全裸もいる

 し」

内田「日ごろの緊張感ある仕事のストレスを発散したいんですよ」

優子「我々も緊張感ある仕事をしてますけど?」

柳原「まあ、消化器内科だって循環器だって脱ぎたがる人はいるから、医者全般が根本

 は裸族なのかもしれんな」

優子「ほんとにね、でも、昨年の外科はみんなブリーフで『ブリフターズ』ってやって

 たじゃない?私、あれに外科の石川先生が参加していたことに心底失望したわよ」

柳原「あれが奴の本性だよ。外科はその前の年は、みんなで『安心してください、履い

 てませんよ』ってやってたな」

優子「あれに外科部長も参加してるのが、外科系の治癒不可能な病よね。あの体育会系

 のノリ。参加しないのは許されない空気なのよ」

内田「いや、みんな好きでやってる気がしますけど。だから、ほんとに忘年会が亡くな

 ってしまうのは、ストレスたまりますね。それこそオンラインでどうですかね」

柳原「いや、動画とか画像残ると、最近は文春に売られたりするから」

優子「だれも興味ないでしょうよ。しかし病院の忘年会なんて映像化したらモザイクば

 っかりね」

 

時節柄許されないですが、なんだか病院の職員を慰労する会みたいのも必要と思う今日この頃です。

 

 このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ