病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

映像の世紀~人類の愚かさを知り、世のはかなさを憂う

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

最近テレビ離れが進んでいる世の中であるが、誰しもこれが再放送やってたら絶対見る

みたいな番組ってあるのではないだろうか?今日はテレビ番組のお話。

柳原「チャララララー、ラララーラララー。チャララララー、ララララーラララー」

優子「チャラ男が自分のテーマ曲歌ってんの?歌詞のわりに、メロディーにチャラさが

 ないわね」

内田「仁義なき戦いのテーマじゃないですか?」

優子「あれは『チャララー、チャララー』だな」

柳原「NHKの『映像の世紀』って知らないか?」

優子「あー、あれ面白いよねー。最近見ないけど、そんな曲だったけ?」

柳原「そうだ、そして時折、『チャッチャチャッチャ』って入って、全体的に人間の心

 を不安にさせるトーンで展開されるテーマ曲だ。この曲と山田孝之率いるナレーショ

 ン軍団で番組の後半には『もう人類に救いはないのだぁっ』と言う気持ちになるん

 だ」

内田「そんな大げさな」

柳原「例えばな、スペイン風邪のこともやってたんだ。もう、映像でスペイン風邪によ

 りバンバン人が死んで、たくさんの棺桶が積まれるシーンとかがあるわけ」

内田「コロナが流行してから、何かとスペイン風邪は比較対象とされてきましたから

 ね」

柳原「あんな昔でも、スペイン風邪にかからないようにどうしたらいいかとかちょっと

 したドラマ仕立てのビデオみたいの作ってたぞ。やはり昔の人も民衆の教育の重要性

 を理解してたんだな」

優子「人類はスペイン風邪から学ぶこと結構あるよね。あれを克服したんだからね」

柳原「しかしな、その後歴史は核の闘争に突入し、米ソの核戦争の様相を呈してくるわ

 けだ」

内田「話とびますね」

柳原「俺はあの番組で、結局大国のリーダー次第で人類の明暗なんか簡単に左右さ

 れて、誰か狂ったリーダーがこの先出現して核のボタン押したりなんかしたら、人類

 は簡単に滅亡するんだなって言うことを見せつけられたわけだ」

優子「大げさ、テレビに影響されやすい」

柳原「俺がちまちまコロナの治療して、患者を治したとしてもだな、この先クレージー

 な奴が気まぐれに核のボタン押したら、それで人類はお終いなんだぞ。俺って、なん

 て小さな仕事してんだってな」

優子「チャララララー、チャラララーラララー」

内田「面白がって、柳原先生を刺激したらだめですよ。そのメロディーが不安を助長さ

 せますから」

柳原「チャーラーララー。そしてチェルノブイリウクライナにあったってことを知

 る。人類の愚かさを知り、世のはかなさをポテチ食べながら憂いた俺。チャーラーラ

 ラー」

優子「歴史と地理弱いね、ほんと。愚かなのお前だから。」

 

良い番組なので、こんど見つけたら見てみてください。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ