病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

I'm feeling lucky

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

自分的にこれはすごい発見と思って、テンション高く人に報告すると、実はそれは当た

り前のことであったことを指摘されて、恥ずかしい思いをすることがある。今日はそん

なお話。

 内田「先生、僕、難治性の胃潰瘍の患者さんがいて、ずっと原因がわかんなくて困って

 いたんですけど、こないだふと『もしかしたら…』と思って、ガストリンを採血して

 みたんです。そしたらなんと、高値だったんですよ。ガストリン産生腫瘍ですかね」

柳原「…、お前『I'm feeling lucky』って知ってるか?」

内田「え?知ってますけど、なんかgoogleの検索で、それに検索ワードを入れてI'm

 feeling luckyで検索すると、検索ページで一番上位にあるページが開かれるというや

 つですよね」

柳原「それでな、俺、今のお前みたいになふと『I'm feeling luckyでI'm feeling luckyを検

 索ワードに入力したらいったいどうなるんだろう、ワクワク』って検索してみたわ

 け」

内田「はあ」

柳原「そしたらな、開かれたページが『google トップにあるI'm feeling luckyは何者な

 のか』っていうページが開かれたわけ」

内田「それと僕の話はどういう…」

柳原「つまりな、俺としてはI'm feeling luckyを検索したら、また同じ画面が出てくるの

 かと一瞬我を失ってはしゃぎ、興奮して検索してみたが、結果は冷静になって考える

 とそれはそうだ、当たり前だの結果だったわけだ」

優子「難治性胃潰瘍の人で原因がわかんないわけだから、当然、PPI(胃酸を抑制する

 薬)を飲んでたわけだよね」

内田「はい…あっ、じゃあガストリン上がっててもおかしくないのか」

優子「そう、あたりまえなんだよね」

柳原「ガストリンは酸分泌を促進するわけだから、胃酸を抑制する薬内服していた

 ら、酸がたりねーってガストリンは高値になるというわけだ。なあ、初心者」

優子「そうだ、素人」

内田「…はしゃいだ自分、はずかしいっす」

 

I'm feeling luckyというワードがなんかすきです。皆様、よい週末を。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ