病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

お盆休み、それは恐怖のはじまりなのか

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

週末からお盆休みに入る人が多い。今年はコロナの影響でそこまで渋滞やラッシュとい

う感じではないようである。この病院でもお盆休みの始まりで、いろいろと心配する医

師たちがいた。

柳原「お盆休みが始まったな」

優子「だねー」

内田「これでどのくらい感染拡大するんですかね」

優子「だねー」

柳原「気を付けるったって、感染するものは感染するからな」

優子「帰省で感染拡大したら、帰省した人間は責められるけど、でもあの『後藤キャン

 ペーン』で政府は旅行を推進してるからね」

内田「『GO TO』ですね」

柳原「例年、お盆休みで帰省したひとって、救急外来受診すること結構あるけど、たい

 てい、子供連れたお母さんとかが、『実家帰ってきたら熱出しちゃって、アンヒバく

 ださい』みたいなな、そういうかわいい感じの受診だったんだけど」

内田「今年は熱出た人はコロナ対応ですからね」

優子「例年、お盆と言えば個室の重症患者が、あの世に引っ張って行かれるかのように

 次々亡くなるというのもあるよね。あれは不思議だけど、なんか毎年そういう感じだ

 よね」

内田「お盆ってそういうこの世とあの世の距離が近づくような時間なんですかね」

優子「今年はあのお盆の帰省さえなければ、って後になっていうんだろうかね」

内田「これまでも連休の後にコロナ患者増えてますからね」

柳原「でもさ、嫌な世の中になっちまったよな。お盆に実家に帰ったりするのなん

 か、日本人にとっては当たり前のような、半ば義務のような感じのイベントだったけ

 ど、それが今や警戒される出来事になってしまったんだよ」

内田「飲みに行って感染した人も、袋叩きにされているのもなんか気の毒なところもあ

 りますよね」

柳原「そうだよ、俺たちだって、20代の頃は毎日ナースと飲みに行ってお金使ってたけ

 ど、それがだいぶんとストレス発散になってたのに。今の若者は気の毒だな」

優子「まーね、複雑だよね、私たちも。感染した患者さんの話聞いても、別にみんな特

 にそんな悪い人じゃないし。それでも、感染したことがすぐにかなりの人に話が回っ

 てつらい目にあってるの聞くしね。」

内田「でも、ぼくらも仕事の影響考えると、あー、そんなに出歩かないでくれたらよか

 ったのにとか思っちゃうところも正直ありますよね」

柳原「この病気は順番にいつかは自分に回ってくるんだろうな。そのくらいに思ってお

 いた方がいいな。俺も自分の患者さんでコロナの人、家族に変な電話来たりしたの聞

 いて、やっぱり同情したもんね。誰が悪いってもんじゃなくて、やっぱり憎むべき

 はウイルスだよな」

優子「はー。でもお盆であまり感染拡大しないでほしいね」

 

みなさん、感染対策しながら、楽しいお盆をお過ごしください。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ