病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

そういえばパチンコ店ってクラスターでた?

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

三密を犯す象徴としてまず最初にやり玉に挙げられたのがパチンコ店だったように思え

るが、そういえばクラスター事案ってあったのだろうか?そんなに聞かない気がするの

は作者の気のせいだろうか?今日はこの件について語り合う、いつもの三人であった。

 柳原「そういえば、パチンコ店ってクラスター発生したのか?」

内田「そういえば、緊急事態宣言の時って、かなりパチンコ店が叩かれてましたけ

 ど、そんなに目立ってクラスター発生したとか聞かないですね」

柳原「俺はパチンコずっと我慢してんだけど、もうそろそろ行ってもいいのか?」

内田「僕に聞かないでくださいよ」

柳原「最初に想定されたよりパチンコ店ってコロナでなかったのは、やっぱりあんまり

 しゃべってる人いないからなのか。みんな黙って遊ぶからな」

優子「今頃、パチンコ関係者はほら見たことかと思ってるだろうね。昔から換気悪いイ

 メージだけど、だからこそ空調とかちゃんとやってるんだろうね」

内田「ライブハウスとかパチンコ店に比較したら、それほど警戒されてなかったけ

 ど、クラスター発生しましたよね」

優子「あとカラオケ店とかね、昼カラとか」

柳原「やっぱり大声だすのがダメなんだろうな。演劇関係もあったしな」

優子「なんかしゃべんなければそれほど問題ないなら、牛丼店とかお一人様で来店し

 てさっと食べて帰るみたいなスタイルの店って、業務時間短縮しなくてもいいんじゃ

 ない」

内田「そうですね、ああいう店はけっこう一人の時に立ち寄って、すぐ帰りますもん

 ね」

優子「ファーストフード店とかは女子高生が長居しておしゃべりするからだめかもしれ

 ないけど」

内田「なんだかんだ少しずつ傾向と対策がわかってきた部分もあるので、休業が本当に

 必要な店とか厳選した方がいいですよね。ちょっと工夫したら休業しなくてもいいか

 もしれないわけだし。」

柳原「筆談ホステスって、一時期すごい人気のあった美人のホステスさんがいただ

 ろ。水商売もあの形態なら営業可能だな」

優子「カラオケもはるな愛スタイルなら可能ね」

内田「エアカラオケですか」

柳原「演劇とかコンサートも口パクだな、しばらくは。事前に収録済みの音源に体の動

 きを合わせるという」

内田「お客さんどうするんですか?なんか盛り上がんないですよ」

柳原「そんなのフジテレビに観客の笑ってる音源とか貸してもらえばいいだろ」

優子「プロなら悟られないで演じきれるかもしれないけど、お客はその笑いとか拍手に

 うまく合わせられるかしらね。お客の技量も試されるわね」

柳原「うまくいけば静かだけど実は盛り上がってる繁華街になって、ちょっと面白い

 な」

 

一般的に口パクは非難されがちですが、コロナの時は有効なようです。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ