病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

うがい薬 国 効果「take it so so」

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

大阪府知事イソジンがコロナ重症化のリスクを下げるのではと発表し、日本中が混乱

に陥っている。そのような状況下で国は、評価を確定するのはまだ早いのではとコメン

トを出したというニュースがあった。今日はそれについてのお話。

柳原「ヤフーニュースのトップに『うがい薬 国 効果「take it so so」』って載って

 るぞ」

内田「は?」

柳原「『うがい薬 国 効果 『take it so so』」

内田「ええと、国、効果 そのあとなんですと?」

柳原「『take it so so』」

優子「あんなー、それ桜井君のラップのスキルが無いと通じないから」

内田「桜井君って誰ですか?」

優子「嵐」

柳原「そう、そのA-RA-SHI」

内田「もしかして『時期尚早』」

柳原「そう、俺だけじゃないんだな、あの曲聞いて、何で嵐が『時期尚早』って連呼し

 てるのかと思ってたのは。ネット見たら、みんなそう聞こえるらしいぞ」

内田「桜井君のラップは『時期尚早』に聞こえるかもしれないですけど、『時期尚

 早』を『take it so so』と言われても、なかなか『時期尚早』には聞こえないですよ」

柳原「『逆もまた然り』とはならないんだな」

 

take it soだとチキショーに聞こえそうですね。ずっと心に思っていたことを今日ブログ

にかけて満足な作者です。タイトルの字面を見てほくそえんでいます。

 

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ