病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

イソジン品薄?

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

昨日、大阪府知事イソジンでうがいするとコロナの重症化が防げるんじゃないかと言

ったらしい。するとドラッグストアに大勢殺到し、ネット上でも売り切れ続出のようで

ある。こんな話題で盛り上がらないはずがない、この病院のスタッフたちであった。

看護師はな「先生、ほんとにイソジンってコロナに効くんですかね?」

内田「ああ、昨日ニュースでやってましたよね」

柳原「あれ見て、今日の外来はイソジン欲しいっていう人が続出するぞ」

優子「ネットのフリマで高値で取引されてるらしいよ」

柳原「そうか、俺も自分に処方しようかな。」

内田「あれ、ほんとに効果あるんですかね?」

優子「多くの医者があんまり信じてないと思うけど」

柳原「日常診療においても、今やほとんど処方しないよな」

優子「そう、患者さんから希望あったときだけ」

柳原「水でうがいしろって。水で何回もうがいしたほうが絶対いいよ」

優子「だよね、イソジンで口の中荒れる人もいるしね」

柳原「ともするとヨード摂りすぎになるかもしれんしな」

看護師はな「コロナにかかっても重症化しないなら、私口の中多少荒れてもいいんです

 けど。今日、仕事帰りにドラッグストア行ってみようと思ってたんです」

優子「この町のイソジンは多分もう全部売り切れてんじゃない?」

柳原「俺、前から思ってるんだけど、うがい薬使うくらいなら、水で何回もうがいする

 のと鼻うがいした方がいいんじゃねえ?」

優子「私もそう思う。風邪予防だってうがい薬と水でうがいするのは大差ないっていう

 よね」

柳原「そうだ、WHOだってコロナの特効薬はありえない可能性があるって変な発表し

 てただろ。いまやWHOだって胡散臭いけど」

優子「ほんとに今まで通り、手洗い、うがい、免疫力下げないようにしっかり睡眠摂っ

 てご飯食べるということを忠実に守るしかないと思うけどね。」

柳原「あの府知事もイケメンだし、なかなかのやり手って感じだったのに、今回のこと

 はいろいろ波紋を呼びそうだし、何より今日以降イソジン欲しいだけの人が病院に来

 そうで医療現場を混乱させる恐れがあるぞ。」

優子「みんな、もうちょっと冷静にならないとね。なんかすごいこと発見したかも見た

 いな発表しちゃって。もうちょっと裏をとってから発表してほしかったし、買占めと

 か起こらないように対策というか根回ししてから発表してほしかったわ。病院でもCV

 入れるときとか消毒するイソジン品薄になったりしたら困るね」

柳原「その点は、世の中にかなり高濃度の消毒液が流通してるから、違うもんでもなん

 とかなるんじゃないか」

優子「まあ、困んないか。こんなこと言ってて、ほんとにイソジンがコロナの救世主だ

 ったりしてね」

柳原「そうなったらこのブログちょっと恥ずかしいな」

内田「じゃあ、一本くらい買って置いたらいいですね。コロナに感染したら使ってレポ

 ートします」

柳原「そうだな、その時は『嘘だと思ったけど効果ありました』ってお前が代表して土

 下座な」

 

まあ、多分あんまり効果無いと個人的には思うんですけどね。そんな作者もお店で見か

けたら買うかどうか迷うかもしれません。なんかちょっとでも効果ありそうだったらほ

しくなる気持ちもわかりますよね。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ