病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

踏んだり蹴ったりというDV

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

誰にでも、今日は踏んだり蹴ったりだったなと思う日があるだろう。いい日もあれば、

明らかに嫌なことが重なる日もある。今日は踏んだり蹴ったりのお話である。

とある昼下がり、医局のソファでお昼を食べながら話し込む優子と柳原の二人であっ

た。少し離れたところで黙ってお昼を食べる研修医の渡邊の姿があった。

柳原「昨日の当直で蹴られた人が来たぞ。結構重症で外科を呼んだ」

優子「そりゃ大変だったね。でも、この地域は結構あるよね。」

柳原「結構あるよな、地域柄。それに今、やっぱりコロナでみんなストレスたまってる

 のかもな」

優子「そんなわけない、もともとでしょ。私の時は踏まれた人が来て、その時もやっぱ

 り外科呼んだもんね」

柳原「結構血だらけで来ること多いもんな、あと明らかに骨折してるとかな」

優子「ああいうの見ると、やっぱり生きていくって過酷なことだと思うよね」

柳原「なかなか防ぎようがないもんな、ふいにやられるみたいだぞ」

優子「そういうもんだろうね。普段は穏やかって言うじゃない。何かをきっかけに急に

 豹変して怒るって」

柳原「でも、みんな相手をせめないよな、あいつは悪くないって。自分がちゃんとして

 なかったからって」

優子「やっぱりある意味、よく言う『共依存』という関係だからね。お互いに支えあっ

 てるんだろうし」

柳原「そうだな、早くけがを治してうちに帰りたがるしな。待ってるだろうからっ

 て。」

優子「ああまでされたのに、その後も変わらず愛情を注げるっていうのがすごいよ

 ね。まさに『踏んだり蹴ったり』な目にあってるのにね」

柳原「それなのに帰って、ご飯作ってあげたり、ブラシかけたり、おっぱい絞ったり

 な」

 

『なんだよ…牛、馬のことか…』と心の中で思った渡邊であった。

 

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ