病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

ずっと続く小さなストレス~ここでお切りくださいのラインで切れたことない

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

先日、世界三大ストレスとして、PCが壊れるという事例を報告したが、なんて言うか人

に言うほどじゃないが自分の中で、ずっと前から小さなストレスになっていることとい

うのは、それぞれあるのではなかろうか。今日はそんな話題を話し合う、この病院の医

師たちであった。

 柳原「これまで生きてきて、ずっと小さなストレスとして抱えてきたことがあるが、初

 めて他人に明かすのだが聞いてくれるか」

内田「何ですか、先生」

柳原「些末な事象であるがくだらないと思わず聞いてほしい」

優子「早く言え」

柳原「よく、納豆のたれとか食品類って、液状のものあるだろ、ああいうのって、ここ

 でお切りくださいみたいなラインがあって一応切りやすい感じに作ってあるよな」

内田「はいはい」

柳原「俺、あれが大概ちゃんと切れたことないんだよ」

優子「ああ、なんかわかる」

柳原「ご親切に入れてくださった切り取りラインが俺の前では無力なんだ。さんざんや

 って、最終的にはさみを持ち出す」

優子「なんでだろ、爪が柔らかいのかな」

柳原「相性の問題か。俺はな、食品に限らずああいう切り口みたいなものを見ると、ま

 ず、どうせ今回も切れないんだろうと思いながらも毎回、でも切れるかもって淡い期

 待を抱いて、一回トライするんだ。しかし切れない、切れたためしがない」

内田「じゃあ、あきらめて毎回最初からはさみにすればいいじゃないですか」

柳原「そうは言っても、人間という生き物はおろかなもので、何度失敗しても今回は、

 これはいけるんじゃないかと淡い期待を抱き、すぐにその期待が打ち砕かれ、そし

 てそれを繰り返すという生き物なんだ」

優子「あんたが学習しないだけじゃないの」

内田「でも、あんまり医療用のものでそういう風に切り口みたいなところから開けるも

 のが無いので良かったですね。だいたい処置の時って、看護師さんが介助についてく

 れたら開けて出してくれますからね」

優子「でもCVカテ入れるときのキットのメス刃とか切り口ついて開けるやつじゃな

 い?」

柳原「あれは大丈夫」

優子「大丈夫なんかい」

柳原「緊急性を争うものは、俺の推測では超開けやすくなっているんだと思う」

優子「納豆のたれは緊急性ないからね」

柳原「レトルトのカレーとかはあつあつにしてから開けるからな、緊急性ないようでい

 て、触ってる手が熱いから緊急性あるんだぞ」

内田「僕、今回コロナ対策で小さく簡易包装された消毒ジェル買ったんですけど、こな

 いだ外出して外で使おうとしたら、それがめちゃくちゃ開けにくかったんですよね」

柳原「そういうの、消毒が必要な時に出すもんだから、絶対すぐ開けたいよな、構造

 上、やっぱりすごく開けやすくなってないと意味ないよな。子供のころやったよう

 な感じで歯であけたら消毒液って意味ないよな。何とかしてほしいよなー」

 

開けにくい切り口って世の中に多いと思う。これは他人に言うほどの事象じゃないが食

品類など切り口の付いたものって多いので、小さなストレスが日々あるのである。作者

が不器用だからなのだろうか・・・・

 

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ