病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

アベノマスクの間違った使い方~ブラとしては使用できません

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

世の中には正しい使用方法がわからず、堂々と間違えているひとがたまにいる。医療関

係ならサージカルマスクの裏表問題がある。結構間違えている人を目にする。裏表、上

下を間違えるとマスクの効果が薄れる可能性があるので今まで気にしたことが無い人は

一度確認してほしい。しかし、今日この病院の医師たちがそれ以上の大きな間違いを犯

している人について指摘しているのであった。

柳原「お前、見たか。あのアベノマスクをブラジャーというか水着というか、そんな使

 い方をしている美人の姉さんを」

内田「あの、姫ですね。見ました。」

優子「アベノマスクもリメイクはいろいろされていたけど、あの使い方は想定されてい

 なかっただろうね。世の中いろいろなことを考える人がいるもんだけど、あれ以上イ

 ンパクトのある使い方はもう出てこないかもしれない」

柳原「日ごろから不謹慎と指摘されがちな俺ですら、これは不謹慎じゃないかとおもっ

 ちゃったね」

内田「今に風俗の看板とかもあれマネする人出てきますよ」

柳原「そうだな、なんかあれ元来マスクって清潔のイメージなのに、ブラにすると清潔

 感がまるでなくなるという不思議」

優子「でも本人はアベノマスクで風刺しているつもりらしいから」

柳原「おれが小さいころイタリアにチョチョリーナっていうすぐおっぱい出すポルノ女

 優出身の政治家がいて、それを懐かしく思い出したね」

優子「でもあれで当選するのかね」

柳原「するだろ、俺はもはや彼女しか記憶に残ってないね」

優子「あんたね、日本の政治は今大事な局面であるというのに、おっぱいにマスク付け

 てあわよくば票を獲得しようとしている人間に政治を任せて言いわけ?」

柳原「お前な、まともに見える人に今まで票入れてきて裏切られたこと数知れずだ

 ろ。ここは一回クレイジーに見える人に入れてどうなるか俺は見極めたい」

内田「ハイリスクハイリターンを狙ってますね。その賭けは僕は怖くてできないです」

柳原「そう、ハイリターンと言うのは当選後、下半身もマスク付けて出てくるとか、上

 半身のマスクは『コロナも落ち着いてきたので』とか言って、外すとかね」

優子「コロナ落ち着いてないから。ニュース見ろ」

 

ほんの1,2か月前までマスクが無くてみんな困ったというのに、あんな使い方したら

罰当たりだなと思ってニュース見ていた作者であった。どうなっていくのだろう、日本

は…。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ