病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

女ってのは救命系の医者に弱いよな~誰がその後の慢性期を診てると思ってるんじゃい

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

医者のドラマでは救急医とか心臓外科とか脳外科とか臨時手術する外科医のかっこよさ

が描かれることが多い。世間一般の人は救命する姿をかっこいいと憧れ、医学生もそう

いう医者を目指して受験する人も多いと思う。そんな流れにあえてメスを入れたいこの

病院の医者たちがいた。

柳原「昨日は男はピンクの聴診器した女医が好きだという話がでたけど、女ってのはや

  っぱり救急救命に弱いよな。やつらモテモテだろ」

内田「そうですね、たいてい派手に遊んでますよね」

柳原「内科にはない派手さが奴らにはあるからな、心マとかしてる腕がたくましいとか

 な。俺なんか内視鏡より重いもの持たないから筋肉なんかつかないからな」

内田「なんか筋トレしたらいいじゃないですか」

柳原「やだよ疲れるし。救急医とかな、心肺停止とか来るとパァーっと挿管して、昇圧

 剤とか使って蘇生して、『生き返った、すごい』とかなるけどな、生き返ったものの

 その後寝たきりとかになったりして、それからがずっと長くて大変で、その後の慢性

 期を誰が診てると思ってんじゃいって俺はいつも思うわけよ」

内田「それが内科の華々しさのない仕事ですよね。やっぱりそういうのはドラマとかに

 なりにくいですよね。慢性期は」

柳原「『蘇生したからその後お願いねー』って言われる方の人の大変さもわかってほし

 いわけ。」

内田「先生、救急外来とかで何かあったんですね」

柳原「…」

内田「わかりますよ、時々ありますよね。そういうこと。地味だけど大事な仕事を内科

 は請け負ってるんですよね」

柳原「そうだよ、あいつらかっこつけて、俺らを下請けみたいに思ってるのが悔しい

 の」

優子「そうは言ってもやっぱり外科の先生ってかっこいいよ、男なら外科に行きたかっ

 た」

柳原「お前みたいな女が多くてがっかりするわ」

 

最後なんか興奮しすぎて女っぽい言葉遣いになってしまった柳原であった。

やっぱり救急って医療現場の華ですよね。ああいうのが得意だと看護師さんからモテま

す。消化器内科にとっては消化器外科は頼れる大切な存在です。外科ってかっこいいな

と思っちゃいます。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ