病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

しょっちゅう鼻血出す耳鼻科医

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

昨日も触れたように自分の専門の疾患に罹患する医者は結構多い。むしろそれで専門を

決めた人も中にはいる。昨日に続いてそんな話を続ける医師たちであった。

 柳原「そういえば俺の同期は授業中、しょっちゅう鼻血出していたけど結局耳鼻科医に

 なったな。やっぱり興味をもつきっかけだったのかな」

優子「あんたも痔だから消化器内科に来たんでしょ」

柳原「痔はな、働いて外来で長時間座るようになってからだ。お前は酒の飲みすぎで逆

 逆流性食道炎になって、消化器を志望したのだろう?」

優子「私は血を見て興奮するタイプだったから、吐血、下血を処置する科にしました」

内田「ドラキュラじゃないですか。そんな志望動機だったんですか」

柳原「でも最近はPPIとピロリ除菌のおかげであんまりみんな血を吐かないからな。お

 前、物足りないだろう」

優子「そうだね、仕事で血を見ない分ホラー映画で湧き上がる欲望を満たしているわ」

内田「まあ、どういう気持ちであっても患者さんとしては上手に処置してくれれば問題

 ないので、なにも言いませんけど。話は戻りますけど、先生の同期の耳鼻科の先生

 は鼻血自分で処置するんですかね」

柳原「自分でできそうだけどな、さすがにガーゼ詰めることはできそうだけど、焼いた

 りとかは覗けないから難しいんじゃないか」

優子「鏡見たらできるんじゃない?」

柳原「そこまでセルフにこだわらなくてもいいんじゃないか」

優子「しょっちゅう鼻血出るなら自分で処置したいから耳鼻科になったんじゃない?」

柳原「それなら耳鼻科医の嫁をもらったほうがいいだろ。自分でやるのはきつい」

内田「なかなかそんな都合よく耳鼻科に好きな人できないですよ」

優子「自分でやるのはなんかこわいしね。でも消化器でもセルフGFとかCFとか発表して

 いる人いたよね」

柳原「セルフCF座ってCFするといいとか言ってる人とかな。ああいうの発表している人

 って俺、好きだな。友達になれそうな気がするな」

優子「でも、大腸カメラってそんなに日常的にやる検査じゃないよね。セルフCF考えた

 人はしょっちゅう血便するのかね。しょっちゅう鼻血出す耳鼻科医もいやだけど、し

 ょっちゅ血便出る消化器内科もちょっとね」

 

今日もどこまでもくだらない話に花が咲く3人であった。内視鏡検査が一気に増えてき

て、お疲れ気味の作者ですがみなさんも体調管理にお気を付けください。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ