病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

眼鏡かけてる眼科医、ぶつぶつでてる皮膚科医

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

世の中には矛盾というものが数多く存在するが、多くは気にしてもしょうがないもので

ある。医療界においても然り、考えても無駄な矛盾と言うものが存在する。今日もまた

いつもの3人が無駄話を繰り広げているのであった。

柳原「最強の盾と最強の鉾が交わるとどうなるか」

内田「あんまり興味ないですが、いったいなんの話ですか?」 

優子「今日出張に来てる皮膚科医が吹き出物だらけだった件」

内田「全然意味がわからないですが」

優子「昨日出張に来ていた眼科医が牛乳瓶の底みたいな眼鏡をかけていた件」

柳原「それについて、俺が『矛盾』という言葉の成り立ちから説明していたわけ」

内田「説明はそこまでさかのぼらなくてもいいんじゃないですか」

優子「皮膚科医が肌が汚かったら、患者はこいつダメなんじゃないかと思うでしょ」

柳原「明らかな躁の状態で精神科医が診察してきたら、患者はこいつダメなんじゃな

 い』かと思うよな」

内田「でも今、先生たちが挙げた例は一般的に医療界ではよくあることではないです

 か。矛盾と言いますが、『ぶつぶつ』と『皮膚科医』も『眼鏡』と『眼科医』は共存

 してますよ。明らかに精神病みたいな精神科医も普通に診療してますよ」

優子「あんた、誰の事思い浮かべて言ってんの?」

柳原「そうだ、お前、ほんと最近口悪いよな」

内田「先生たちの話に乗っかっただけですよ。」

優子「そうよ、痔持ちの消化器内科医」

柳原「お前の話に優しく対応していた俺に対してその対応はないな。逆流性食道炎もち

 の消化器内科女医。PPIを欠かせないくせに」

優子「自分の科の疾患で考えると、よくある病気だからそんなのしょうがないだろと思

 うわね、ぶつぶつ持ちの皮膚科医も目の悪い眼科医もしょうがないことに気が付きま

 した。」

柳原「想像力がない人間は自分のことに置き換えると他人を理解しやすいという一例だ

 な」

優子「今後は血尿出てる泌尿器科医も久しぶりに草野球して肩が外れた整形外科医も温

 かい心で見守ることにするわ」

 

他人を批判する前に自分の身を顧みてみると、他人を批判するということが実は難しい

ことだとわかります。という無理なこじつけで終わる本日のお話でした。

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ