病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

外来での医師たちによる見えない攻防~ピンポンの音がかぶらないように呼び込みする

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

自粛が解除となり、外来が少しずつもとに戻り始めている今日この頃。日常を取り戻し

かけているこの病院では変わらず、医師たちがくだらない話を雑談しているのである。

内田「外来も患者さんが少しずつ戻りつつありますね」

柳原「コロナが一番大変な時って、医療者の精神的ストレスはかなりのものだったけ

 ど、仕事自体は患者さんは全然来なくなって仕事量は減っていたよな」

内田「検査もないし、座ってばかりで、でもストレスは多いから『コロナ太り』しまし

 た」

優子「なんか体がなまってて、今日の外来もこれまでと比べたら全然大したことない人

 数なのに、なんか疲れたもん」

柳原「ストレスはだいぶ減ったんだけどな。体がなまってて素早く動けない感じだな」

内田「患者さんもコロナでなるべく病院に来たくなくなったみたいで、長期処方を希望

 するようになりましたね」

優子「そうそう、でも本当にちょくちょく来てもらった方がいい人なんて実は少ないと

 いうことに気が付いた。これが本当の医療の姿かと」

柳原「だいぶ少ない人数の外来が続いていたから、体がなまって最近の外来はお互いに

 呼び込み音がかぶってるよな」

内田「そうですね。そういえば、あ、重なっちゃったってことが増えてるかもしれませ

 ん」

優子「そうするとお互いに遠慮して、ピンポンの音がするのにだれも呼び込まれないと

 いう状態で患者さんが混乱するというね」

内田「その後、『あ、向こうが遠慮して呼び込みしてないみたいだから、こっちは呼ん

 じゃおう』と思って呼ぶと、またかぶったり」

柳原「水面下の攻防があるよな。そのあと、またお互いに遠慮してちょっと待ったり。

 結局、『まあ、いいや、かぶっても呼んじゃえ』と思って呼んだり」

内田「まあ、でもかぶっても患者さんは割と入ってきますね」

優子「やっぱり、いつ呼ばれるかと待ち構えてる人は集中してるから」

柳原「うちの病院は年齢層高いから、全然違う人入ってきたりするから注意だぞ」

優子「そうだよね、全然性別違う人とかね」

柳原「『あー、なんだ、まだか』って出て行ってから、違う人が『やっぱりおかしいと

 思った』って入ってくるやつな」

内田「『なんかさっきの人間違えちゃったんですね、ははははは』ってやり過ごすやつ

 ですね。今はいいですけど、また患者さんが多くなったら、時間のロスですから、呼

 び込みはやっぱりかぶらないに越したことないですね。」

 

集中してやってるときはそんなに呼び込みはかぶらないのである。お互いに神経が研ぎ

澄まされているのだろうか。(おそらくたまたまなんでしょうけどね)

 

 

このブログの現在の順位は…⇒ にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ