病院の地味なお仕事

田舎で内科医やってます。専門は消化器です。このブログは病院のいろいろな仕事にかんするフィクション小説です。登場人物は継続しますが、基本的に一話完結にしています。

止血あるある ぴゅーっと出てるの見たら急にテンション上がる人たち 

ざっくりとした概要説明:ある病院を舞台とした医師やコメディカル、病院にかかわる人たちのフィクション小説です。基本、ジャンルはコメディです。下ネタありです。    主な登場人物:   内科医師 小松原優子 34歳独身 かわいいがキレやすい          内科医師 柳原洋一  35歳独身 イケメンだが変態 ドM          内科医師 内田祐樹  26歳独身 ずんぐりむっくりの後期研修医  応援クリックがとても励みになっています。良かったら読む前にクリックお願いします  ⇒にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ 

 

PVアクセスランキング にほんブログ村

 なんでだろーなんでだろー

なんでだなんでだろう 

 

さっき止血しましたって先輩に言うと

画像見せろって言われて、

「露出血管からピューって出血している写真撮ってないのか」

と止血の手技云々よりも、血が出てる真っ最中の写真欲しがるの

なんでだろうー

 

 

優子「内田の新しい宴会芸としてこれを考えてみたんだけど…」

柳原「これ昔から、若い時みんなに言われ続けてて、やがて後輩に自分も言うようにな

 るんだよな」

優子「みんな血が噴き出している写真きれいに撮りたがるよね」

柳原「こんなに動脈からでてましたよという証拠を残すことにどのくらい意味があるか

 わからんが。もうその意味も深く考えず、噴き出すような出血を見たら、それを止め

 ようと思う前に、まずはそれをきれいな写真に収めてやろうと体が勝手に反応してい

 る」

優子「もはや消化器内科医、内視鏡医のさがだね、これやらないと気が済まないもん

 ね」

柳原「内田、このネタはどうだ?」

内田「消化器で内視鏡やっている人しかわかんないですよ。このネタ。そして、僕がテ

 ツトモのどっちやるかわかりませんけど、先生たちのどちらかが、相方やってくれる

 んですか?」

優子・柳原「…。ということで、次からちゃんと写真撮れよー」と言われた内田で

あった。二人とも前面には出たくないが、宴会芸を考えるのが好きなのであった。

 

にほんブログ村 病気ブログ 医者・医師へ
にほんブログ村 にほんブログ村 病気ブログへ
にほんブログ村 ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 人気ブログランキングへ https://blog.with2.net/link/?2028440